あなたも、土地活用をしてみたいと思っていませんか。やはり土地を有効に使って、お金を手に入れられるならそれが一番です。ほったらかしておくのは、本当に勿体ないです。

■土地の売却の流れを知っておこう
土地の売却も、土地活用の中でも有効な方法です。売却をすると所有権もなくなり、利用できなくなりますが、それでもなにもせずに税金だけを払うよりはいいことです。そんな土地の売却の流れは次のようになります。まずは、不動産会社へ査定を依頼します。

土地がいくらほどになるのか見積りをしてもらいます。この場合、複数の不動産会社へ依頼をして、内容を比較しましょう。また土地のあるところの相場も確認しておきましょう。ネットでも国土交通省の「土地総合情報システム」を使ってみるのもいいでしょう。

そして、不動産会社を比較しながら、媒介契約を結びます。やはり不動産会社へが間に入ってもらう方が安心できますし、売れる確率も高まります。その契約も、専任専属媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約とあります。これらのうちどれを選ぶかでも、売却にはかなり影響します。

よく考えて選びましょう。契約を結べばいよいよ売却の金額を決定します。もちろん最初は希望の金額もあるでしょうか、不動産会社と相談して妥当な金額を算出します。あとは、いよいよ売却開始です。不動産会社が土地のことを宣伝してくれますので、土地を持っている人は待つだけとなります。

自分で探しても契約の種類によっては、直接売れないなど注意することもあります。また購入希望者がきたら、不動産会社や土地の持ち主が説明をしたりして、交渉します。交渉によって、売却が決まればあとは売買契約を結びます。お金の支払いや期限、引き渡しでの注意点などをまとめます。

最後はお金を受け取り、土地を引き渡して完了となります。

■最後に
おおまかな流れは以上です。やはりキーとなるのは不動産会社をどこにするかでしょう。それと契約によって、売却できるか決まってくるのです。