土地活用で土地の売却をする場合、いくつもの不動産会社へ査定をしてもらい、その内容によって、契約を結ぶことになります。

■契約を結ぶがその内容とは
契約を結ぶことにもなりますが、その内容はいろいろとあります。それによって、購入希望者の扱い方も変わってきます。契約には3種類あります。その契約の種類には次のものがあります。専任専属媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約です。それぞれの契約を知っておき、どれにするかで売却は大きく変わることもあります。

まずは、専任専属媒介契約です。これは、売却をするときに契約を結ぶ不動産会社は1社のみとなります。その場合、不動産会社が購入希望者を募集します。また、自分で購入希望者を探しても、直接に売却をすることができません。不動産流通標準情報システムというシステムに登録をすることで、売却を勧めやすくさせるのです。

さらに1週間に1回、土地の持ち主に状況を報告する義務があります。次は専任媒介契約です。この場合も1社とだけ契約を結び、その不動産会社が購入希望者を募集します。またこの場合は、土地の持ち主が探した購入希望者へ売却をすることは可能です。

またレインズへの登録や報告義務は、専任専属媒介契約と同じです。最後に一般媒介契約です。この場合には複数の不動産会社と契約を結べます。自分で購入希望者を探してもオーケーです。レインズへの義務はなく、さらに不動産会社からの報告義務もありません。

一般媒介契約だとたくさんの購入希望者の目に触れやすくなりますし、たくさんの不動産会社へ見てもらえるので売却をする確率も高まります。それ以外の契約では不動産会社が積極的に売買に動くというメリットもあります。

■最後に
どちらにするかはそれぞれのメリットを考え、よく不動産会社とも相談をして決めていきましょう。