あなたは、土地を持っていますか。もっているけど、もう自分の家が建っている、またお店が建っているなんて人も多いでしょう。

■土地活用で、自分の土地を売却することも有効である

土地を持っていて、自宅やお店や事務所をたてるなど、有効に使えているならば、それに越したことはありません。しかし、以外に土地を持っていても有効に使えないことも多いです。たとえば、先祖代々の土地で、離れているところにあるので使っていないなんてこともあります。

また、親が亡くなったけど、その住まいはそのままにしているなど、使わないケースもいろいろとあります。あと、不動産会社でも、ずっと入居者や企業を募集をしていても、入らない物件もあり、それも土地を有効に活用しているとは言えません。
そういった土地や建物は、結局は固定資産税などの税金がかかります。

土地の評価額に基づくもので、土地の価格は年々下がりますが、それでも税金の支払いをするのですから、使わない土地は本当な勿体ないのです。そうなってしまわないうちに、有効な土地活用をするためには、土地の売却をしてみるのがよいでしょう。

土地に建物があっても、それが普通のじゅうたくであればそのまま売却することも可能です。もしもお店などの場合には、もしかすると時間がかかることもあります。更地にしたほうが、企業やお店としては買いやすいなんてこともあります。

土地活用では、自分の土地を売却することも有効な活用法である

■最後に
土地の売却については、なかなか一般の人だとどうしたらいいかわかりません。また高額のお金も動くので、不安も出てくるでしょう。そんなときは不動産会社へ仲介を依頼しましょう。土地活用では土地の売却はかなり有効な方法とも言えますので、ぜひあなたも考えてみてください。

◆土地活用で土地の売却をすることは、新しい生活への第一歩とも言える

土地をもっているだけでは、あまり役に立たないこともしばしばあります。固定資産税などの税金が発生しますし、長くなにもしないのは本当に勿体ない話です。また長く利用しないと、あれ放題となってしまい、いざ利用するときに大変になるかもしれません。

■土地の売却は、新しい生活へと繋がっていく

そんな利用しないような土地があれば早めに土地活用をする必要があります。土地活用と家をたてたり、お店をたてたり、またテナント募集にしたり、さらに売却することもあります。土地の売却何てと思うかもしれませんが、以前と比べても個人が土地を売却することも増えています。

土地活用で土地の売却をすることは、新しい生活への第一歩とも言える

土地の売却もあまり知識がなくても、不動産会社へ相談することで、しっかりと知識をもって、対処してくれますから安心することもできます。そして、その相談からいろいろな契約種類の中からひとつを選び、あとは不動産会社へ任せることもあります。

そんな土地の売却をするのも、いろいろな理由があります。たとえば、「不況なので生活費に使いたい」「使わないのは勿体ない」「管理するのが大変」「維持費がかかる」なんてことがよく聞かれます。生活費にしたいというのは、特によく聞かれる理由です。

土地の売却も何千万になることも余すし、億なんてこともありえます。こうした土地の売却による利益を考えると勿体ないのもわかります。あと、もしも更地でも雑草や掃除などもときにはしないといけません。また維持していくと税金がかかってきます。

税金も土地が安くなれば、税金も安くなりますが、その一方で売るときには加地が下がるので気をつけてください。

■最後に
土地の売却は確かに勇気も決断もかなりいります。とはいっても、土地の売却はきっと新しい生活への第一歩になるのは間違いないでしょう。

◆アパートやマンションなら個人でも比較的簡単に土地活用ができます

自分の持っている土地を少しでも有効に活用したいですね。ただ固定資産税がかかるだけではもったいないです。もちろん場所によって土地利用の形態は変わります。例えば個人でも比較的簡単にできる方法は、どのようなものがあるのでしょうか。

■土地活用の方法としてはアパート経営が基本です

テレビCMでもありがちですが、素人でも始めやすい土地活用の方法はアパート経営です。もちろんアパートにも種類はありますが、1Kタイプであれば大きな敷地面積を必要としません。6室程度でも安定収入が得られます。大学が近かったり交通の便がよい地域に土地があれば、比較的簡単に入居者を見つけることができるでしょう。

学生用のアパートになれば、後輩を紹介してくれるかもしれません。社会人になってからも継続して住み続ける人が多いみたいです。もし自分が高齢者であれば、住宅の一部を改築してアパートにしたり、完全なアパートのうち1階の1室を自宅にする方法もあります。

参酌・賃貸経営 http://www.kenyonpowerboats.com/

大きな戸建てで寂しく住むよりは、様々な意味で合理的かもしれません。

■土地活用の一つとして戸建て住宅を貸し出す方法もあります

土地活用すべき場所に戸建て住宅があるならば、それを直接貸し出す方法もあるでしょう。築年数にもよりますが、耐震設計されている比較的新しい物件であれば、高い家賃を得ることができます。例えば駐車場がある、広い道に面している、鉄道のターミナル駅まで徒歩10分以内、キッチンの他に3部屋以上あるなどの条件をクリアすれば入居者を探しやすいようです。

小中学校の近くであれば子持ち世帯もターゲットになります。一方でバリアフリータイプなどにリフォームしたり建て直してから貸し出すパターンもあります。ただしこの場合には建築基準法による制約が関係してくる可能性もあります。事前に調べておきましょう。

■土地活用の一つとしてマンションで多角的に攻めてみる

広い土地があるならばマンションを建てて多角的に攻めてみるのもよいでしょう。とはいえマンションとは何か?明確な定義はありません。例えば5階建て以上の集合住宅と考えます。半分以上の世帯が使える数の駐車場があると利便性が向上します。1階をコンビニなどの店舗として活用する方法もあります。

土地活用では、自分の土地を売却することも有効な活用法である

自分がコンビニのオーナーにもなる、もしくは1室に管理人室を兼ねた自宅を設けるパターンもありです。セキュリティ機能が高まるので若い女性も入居しやすくなるでしょう。ただしマンションにするならばターゲットを絞りましょう。ワンルームタイプにするのか、2部屋でリッチな独身者向け、もしくは3部屋以上で家族連れを狙うのか。

曖昧にすると逆に入居者が見つかりづらいようです。

■土地活用の一つとして駐車場もニーズが見込めます

土地活用について、とりあえずどうしようか迷っているならば、駐車場にしてみる手もあります。最近は戸建て住宅でも駐車場がないパターンが多いようです。また安アパートに住んで高級車に乗る若者も増えています。そのようなニーズが十分に見込めます。

基本は月極駐車場ですが、時間単位で貸し出す方法もあります。屋根付きタイプにすれば高級車の利用も可能になります。ただし立体駐車場にすると建物扱いになるので、ちょっと面倒なこともあります。駐車場の場合はトラブルにどう対処するか、それによって信用問題へと発展します。

例えば契約者同士の接触事故、無断駐車なども稀ではありません。治安対策に関して警察などとも協力しましょう。

■個人で土地活用を始めましょう

土地が余っていると怪しい勧誘も少なくありません。多少の知識がある、もしくは敷地面積が狭い、焦っていないならば、個人で土地活用を始めてみましょう。そこで限界を感じたなら、他人に頼ればよいのです。まずは自分で考えましょう。